FC2ブログ
アクセスランキング レンタルCGI

△10/11 プレミアリーグ第06節 サンダーランド戦(H)

2010.09.26(02:03)
2010年9月25日 キックオフ 23:00 (現地時間 15:00) 会場:アンフィールド・ロード

リバプール 2 - 2 サンダーランド

得点
ディルク・カイト(前半6分)
スティーヴン・ジェラード(後半19分)

失点
ダレン・ベント(前半25分:PK)
ダレン・ベント(後半3分)

警告
フェルナンド・トーレス(後半14分)
ディルク・カイト(後半15分)
スティーヴン・ジェラード(後半30分)


スタメン(4-1-4-1)
GK ホセ・マヌエル・レイナ

DF マルティン・シュクルテル
DF ジェイミー・キャラガー
DF グレン・ジョンソン
DF ポール・コンチェスキー ⇔ ダニエル・アッガー(前半28分)

MF クリスティアン・ポウルセン ⇔ ダヴィド・エンゴグ(後半17分)

MF スティーヴン・ジェラード
MF ラウール・メイレレス
MF ディルク・カイト
MF ジョー・コール

FW フェルナンド・トーレス


10-11 イングランドプレミアリーグ 全38試合
 チーム名試合勝点勝ち負け引分前節
1チェルシー615510→1位
2マンチェスターU612303↑3位
3アーセナル611312↓2位
4マンチェスターC611312→4位
5アストンヴィラ610321↑8位
16リバプール66123→16位



いつになったら勝てるのやら。。

なぜ勝てない?なぜ攻めきれない?

何回も決定期あったのに・・・(泣)

ジェラードのゴールは流石だった。

あれに素早く対応できるのは流石ジェラードって感じ。


一方、トーレスは心配ですね。

だいぶ苛々が募ってきてる気がします。

チーム状態がチーム状態なだけに仕方のない気はするんですがね。


なぜ交代枠を1つ使わなかったのか。。。

ヨバノを入れて欲しかったな。

まぁああいう試合展開じゃ入れにくいだろうけど。



今回の試合で1つ分かったことがあるけど

次から頭からエンゴグ入れての4-4-2でいこう。

ユナイテッド戦も、今日の試合も

エンゴグ入れて4-4-2になってから良い試合運びが出来るようになってる。

というよりポウルセンが厳しすぎる・・・流石に6試合で勝ち点6は厳しい。

カーリングカップも4部にホームで負けるっていう失態犯してるし

ホジソンの進退問題に発展してもおかしくは無い状況になってきましたし。

まぁまだ6試合なんでなんとも言えまえんが

10試合終わった時点で勝ち点10だったら問題ですね(笑)


にしてもカイトは鉄人なのか?

10月後半の復帰予定のはずじゃなかったのか・・・?

今日の試合はある程度点差をつけて途中交代で休ませたかったはず。

コンチェスキーがまた怪我らしき途中交代して

カーリングカップにフルで出てたこちらも休ませたかったであろうアッガーを使わざるを得ない状況に

ジョンソンは劣化の道を突き進むし

最近3試合で7失点はし過ぎだな。

いくら点が取れるようになってきても1試合で2失点3失点してちゃ勝てないわ!
関連記事
スポンサーサイト



<<●2010年 世界バレー男子・イタリア大会 第1次ラウンド第1節 イタリア戦 | HOME | DREAM.16>>

コメント
ブログパーツ












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sports1106.blog53.fc2.com/tb.php/615-d29c3208
   
| HOME |